マンション価格の高騰の原因

お電話でのお問い合わせ

新着情報

マンション価格の高騰の原因

「マンション価格の高騰の原因」について
先日の週刊エコノミストにこんな記事が載っていました。

『労務費、資材費高騰が迫るマンション価格転嫁の岐路』


—市況の好転でようやく明るさを取り戻しつつある不動産業界。
しかし、デベロッパーにとって今、労務費や建設資材費の上昇が最大の懸念材料に浮上している。
東日本大震災の復興需要や、政府が看板政策として進める「国土強靭化」に伴うインフラの更新需要に加え、2020年の東京五輪開催決定でいよいよ人手不足が顕在化。
円安の進行が建設資材の値上がりに拍車をかける。
所得の上昇が実現しない状況では販売価格への転嫁も困難で、分譲マンションを中心にデベロッパーが頭を痛めている。(原文まま)—



記事の中では、デベロッパーがゼネコンに建築依頼をかけても断られるという驚きのケースが紹介されています。

今後の注目点として、デベロッパー各社がどのくらいコストアップを転嫁した販売価格を打ち出すか、ということも出ています。


今後発売される物件の価格にコストアップの影響がさらに出てくるのは必至という状況です。

それがちょうど消費税増税と同じタイミングとなっているので、これから不動産投資をお考えの方にとってみたら、急に価格が上がった感があるかとも思いますが
実はマンション投資においては、土地仕入れと開発、売出しの関係上、実際に本格的に影響が出るのは後1年後ぐらいからとなるので、驚かれるのはさらにもう少し先なのです。
これだけ景気が上向いてきているにも関わらず、金利がなかなか上がらないのは
長い長いデフレ不況の間に、企業も個人もお金を貯め込んできたので
いざ使おうという時にも、銀行からなかなか資金を借りようとしないことが原因と言われています。


金利が低水準に留まっている中、マンションの価格が今から上がっていくという、今買っておかずしていつ買うのか、という投資用マンションの買い時としてはベストタイミングにきているのではないでしょうか。


収益用不動産をご検討されていらっしゃるお客様には是非一度当社シノケンハーモニーまでご相談頂ければと思っております。

当社の投資用不動産専門のスタッフが丁寧にご説明させて頂きます。どうぞご遠慮なくお声掛け下さいませ。
マンション価格の高騰の原因 - マンション経営新着情報
シノケングループ業界トップクラスの実績
集合写真
株式会社シノケンハーモニー
〒105-0013
東京都港区浜松町2丁目3番1号 日本生命浜松町クレアタワー
フリーダイヤル:0120-43-8130
TEL:03-5777-0135(ダイヤルイン) FAX:03-5777-0128
受付時間:[平日]10:00〜21:00/[土日祝]10:00〜19:30

都営地下鉄「大門」駅 / 直結
JR山手線・京浜東北線・東京モノレール「浜松町」駅 / 徒歩2分

株式会社シノケンハーモニー
〒105-0013
東京都港区浜松町2丁目3番1号 日本生命浜松町クレアタワー
フリーダイヤル:0120-43-81300120-330-086
TEL:03-5777-0135(ダイヤルイン) FAX:03-5777-0128
受付時間:[平日]10:00〜21:00/[土日祝]10:00〜19:30
  • 頭金0円とは、弊社実績に基づく提携によりご提案可能なローンを指します。
    ただし金融機関による厳格な審査判断により適用の可否が決まります。
    否決される場合もありますので、予めご了承ください。
  • 2018年3月末現在/自社企画開発物件/2017年年間では98%