円の価値一段と低下→輸入物価上昇か・・インフレ傾向か・・さらに資産インフレの材料も・・そろそろ、景気、価格、金利動向など見極め、マンション経営のタイミングを図ることが重要です。・・

お電話でのお問い合わせ

新着情報

円の価値一段と低下→輸入物価上昇か・・インフレ傾向か・・さらに資産インフレの材料も・・そろそろ、景気、価格、金利動向など見極め、マンション経営のタイミングを図ることが重要です。・・

円の価値一段と低下 → 輸入物価上昇か・・インフレ傾向か・・さらに資産インフレの材料も・・・
そろそろ、景気、価格、金利動向など見極め、マンション経営のタイミングを図ることが重要です。

円の総合的な価値が一段と低下している模様。(平成19年5月15日付け新聞記事)
日銀によると実質実効為替レートが低下。プラザ合意があった1985年9月以来の低水準となる。ユーロに対しては1999年の導入以来の最安値を更新。対豪ドルでも約15年ぶりの安値。

円の価値一段と低下 → 輸入物価上昇か・・インフレ傾向か・・

また、森ビルは5月14日、東京23区の2008〜09年のオフィスビルの空室率が1%台で推移するとの見通しをまとめた。需給が大幅に逼迫すると見ている。空室率が1%台にまで低下するのはIT(情報技術)バブル期の2000年以来。都心オフィスの賃料上昇に拍車がかかりそうだ。07年から三年間は「需要が供給を上回る状態が続く」と分析。

さらに、不動産業界では、住友不動産が7期連続で営業益最高の模様。2008年3月期の連結営業利益は前期推定比8%増となり、7期連続で過去最高を更新する見通し。賃貸事業で賃料上昇が寄与する模様で、分譲マンションの販売も利益率の上昇要因。また、空室率も低水準で推移しており、賃料水準が強含みで推移する見通しで、販売事業は価格の先高観を背景に分譲マンションの販売が増え、売上高を押し上げるそうだ。

そのほかの不動産各社も、過去最高が多い。社宅など法人向け賃貸が好調で、賃貸入居率が高水準で推移など。

さらに、インフレ材料としては、一部タクシー料金、果汁飲料、キューピーのマヨネーズ——。これらの値上げの動きは市場に影響を与える。

平成19年5月16日の新聞によると、鋼材や合成樹脂などを使った製品価格の上昇基調が強まってきた。
原油や鉄スクラップなど原料の高騰による素材の値上がりが加工品段階に波及してきた。
鋼材などの価格上昇が続けば、建設・住宅関連会社などユーザーのコストを押し上げそうだ。

また、原料として使う合成樹脂ポリエチレンやポリプロピレンが上昇しており、製袋業者や印刷会社に一段の値上げを求める公算が大きい。原油価格は04年初めに比べ2倍強になった。ポリエチレンやポリプロピレンもほぼ2倍に上昇。

そろそろ、景気、価格、金利動向など見極め、マンション経営のタイミングを図ることが重要です。
平成19年5月17日の新聞記事によると、マンションをはじめ住宅価格が上がっている。
最近の地価や建設費などの上昇を考慮すれば、今後もこの傾向は続きそうだ。

また、消費税の引き上げも予想される。 住宅購入の時期をいかに見極めるかが重要です。

不動産経済研究所の調べによると、2006年に分譲された首都圏の新築マンションの平均価格は、前年比2.2%の上昇だった。この数字だけみると、それほど上がっているとは思えないが、実はそうではない。ピーク時には四万戸近かった東京二十三区での分譲戸数が、06年には二万三千戸台まで減少しており、新築マンションの立地は都心部やその周辺から、急速に郊外化が進んでいる。そのなかでの2.2%の上昇だから、同じエリアの同等物件を比較すれば、一、二割程度も上がっているエリアが少なくないのが実情だ。

中古マンションも同様で、東日本不動産流通機構の調査では、首都圏の成約価格の平均は、02年を底に、じわじわと上昇、06年までには急激に上がっている。この4年間で14%ほど上昇した計算になる。

特に注目しておきたいのは、新規登録時の平均価格と成約価格にほとんど差がなくなっている点だ。
1996年をみると、売り出し当初の価格から2割近く値引きしないと売れない状態だったわけだが、最近では、ほとんど値引きがなくなっている。2006年の差はわずか69万円になっている。
買い手からみれば値引き交渉の余地がほとんどなくなっていることを意味しており、かつての“買い手市場”から“売り手市場”に大きく変化していることを物語っている。

さまざまな要因から、今後も上昇トレンドは続きそうだ。

最大の要因は用地費の高騰。07年の公示地価は、実に16年ぶりに全国平均でプラスに転じた。
首都圏では住宅地が3.6%、商業地が9.4%の上昇。
特に、都心部での上昇が激しく、「公示地価はあくまでも公的な指標であり、実際にはもっと上がっている」という見方が強い。

今後は、こうした値上がり後に習得した土地での分譲が増えるだけに、マンション価格の押し上げ要因になることは避けられない。

建築費についても同様で、このところ前年比三%前後の上昇が続いている。
建設資材の市況をみると、鋼材や木材など前年比一割以上のアップが続いている分野も少なくないため、長期的にみると用地費以上の価格アップ要因になる可能性もある。

さらに、分譲会社の利益や経理については、バブル崩壊後に徹底したコスト管理が行われており、これ以上削減できないレベルに達しているといわれる。しかも、最近では人材難が分譲会社にも広がり、人件費負担が次第に重くなりつつある。

以上のような点を総合的に判断すれば、当面は現在かそれ以上でのピッチでの物件価格上昇は避けられないようである。


・・・・いよいよ!マンション価格 都区部で大幅上昇。マンション経営は早めに開始を・・
不動産経済研究所が発表した(平成19年5月22日付けの住宅新報記事より)「マンション市場動向」によると、4月に東京都区部で供給されたマンションの平均価格は、前年同月比大幅な上昇となった。都心部で本格的に価格上昇が進んでいることを示す結果となった。

鋼材などの価格上昇が続けば、建設・住宅関連会社などでも、ユーザーのコストを押し上げそうだ。(いよいよインフレの兆しか?)

 鋼材関連では、くぎや針金の価格が上昇して、三ヶ月前に前に比べ、六から七%も上がったそうだ。(くぎは一年十一ヶ月ぶりの高値を付けた。) 原料鉄スクラップの高騰を理由にメーカーが値上げし、加工各社が製品への価格転嫁を進めている。

 製紙最大手の王子製紙は七月から、主力の印刷用紙の出荷を一律一〇パーセント以上引き上げる。印刷用紙全品目の値上げは初めて。印刷物のコストが上昇するのは必死だ。原料の米国産木材チップが一年で五割値上がりし、新聞や雑誌など古紙も高騰・・・・・・・インフレ傾向・・・・

逆に、最近注目されているマンション経営(一室からのワンルームマンション経営など)は、自己の所有権が主張できる実物資産の投資の為、購入物件の担保評価の範囲でならば比較的低い金利において借り入れが出来るため、ほんの小額の自己資金でも、レバレッジをきかせて、都心のマンション経営が可能になる。

マンション経営(不動産投資)による資産運用は、都心部(転入超過の割合が最も高い東京都)でリスクヘッジできそうです。

ここ最近やっと、都心のマンション価格の上昇傾向が鮮明になってきました。

不動産価格(マンション価格等)は底値を折り返したばかりです。

特にこれからの上昇が期待される都心不動産は今注目されてきています。

特にワンルームなどのマンション経営は、サラリーマンでも、また、まとまった自己資金が無くてもはじめられる資産運用として、不動産投資の中でも特に注目を集めています。

世間は自己責任の時代になりましたが、個人でも、将来のインフレヘッジ(→人生のリスクヘッジ)を考える必要がありそうです。

マンション経営のリスク対策資料を無料で配布しています。

お気軽に資料請求をどうぞ。
円の価値一段と低下→輸入物価上昇か・・インフレ傾向か・・さらに資産インフレの材料も・・そろそろ、景気、価格、金利動向など見極め、マンション経営のタイミングを図ることが重要です。・・ - マンション経営新着情報
シノケングループ業界トップクラスの実績
集合写真
株式会社シノケンハーモニー
〒105-0013
東京都港区浜松町2丁目3番1号 日本生命浜松町クレアタワー
フリーダイヤル:0120-43-8130
TEL:03-5777-0135(ダイヤルイン) FAX:03-5777-0128
受付時間:[平日]10:00〜21:00/[土日祝]10:00〜19:30

都営地下鉄「大門」駅 / 直結
JR山手線・京浜東北線・東京モノレール「浜松町」駅 / 徒歩2分

株式会社シノケンハーモニー
〒105-0013
東京都港区浜松町2丁目3番1号 日本生命浜松町クレアタワー
フリーダイヤル:0120-43-81300120-330-086
TEL:03-5777-0135(ダイヤルイン) FAX:03-5777-0128
受付時間:[平日]10:00〜21:00/[土日祝]10:00〜19:30
  • 頭金0円とは、弊社実績に基づく提携によりご提案可能なローンを指します。
    ただし金融機関による厳格な審査判断により適用の可否が決まります。
    否決される場合もありますので、予めご了承ください。
  • 2020年年間平均/自社企画開発物件