情報収集から投資物件購入、オーナーになるまで:マンション投資の流れ STEP1

マンション経営ならマンション投資.COM 頭金0円でもはじめる不労所得 相続税節税、家賃収入で年金対策! 長期空室保証型 資産形成 不動産資格 ノウハウガイド

家賃収入欲しい方必見!サラリーマンオーナーも急増! 累計800万アクセス突破の情報サイト

マンション投資TOP > マンション投資の流れ STEP1:情報収集〜投資物件購入

マンション投資の流れ 1 購入まで ーマンション投資情報収集から開始までー

マンション投資を"始めるまで"と"始めた後"
ひとことで「マンション投資を始める」といっても、
始めるまでの情報収集から物件探し、契約など様々なステップがあります。

情報収集

まずはともあれ情報収集は必要です。どの地域に買うのか、どの企業に依頼したほうが良いのか、サポートや信頼性はどうかなど調べましょう。

ココが大事!

予算やタイプ・エリアなどマンション投資に対して明確な指針を持つことが大切です。
悪質な企業に騙され、劣悪な中古物件を購入してしまわぬよう、自分自身でも調べてみましょう。

調べる時間がない!というあなたへ マンション投資.COMがサポート

資料請求・お問い合わせ
詳しくはこちら
セミナー・個別相談会参加
セミナーに参加する
個別相談会に申し込む

セミナー参加者の声

茨城県・T.C様(会社員)
予備知識のない状態で参加したのですが、私みたいに何も知識がない状態からでも非常に分かりやすいセミナー内容で、マンション投資についてとても興味を持ちました。
茨城県・T.C様(会社員) セミナー参加
東京都・H.K様(会社員)
大勢で受講するセミナーではなく、個別セミナーも受けてくれるというのでそちらを選びました。個別の対応でしたので、マンション投資について細かいことも聞けましたし、質問も気軽にでき、いろいろなことを教えていただけたのがとてもよかったです。
東京都・H.K様(会社員) 個別相談会参加

マンション投資のパートナー企業選び

マンションに限らず、投資用不動産を選ぶ際には、優良な物件情報を提供してくれる信用のおけるパートナー選びが重要です。パートナー企業と良好な関係を築くことが、不動産投資・マンション投資で成功する秘訣のひとつです。

ココが大事!

FXや株式投資と同様に、マンション投資にもリスクがあります。
マンション投資のパートナーには、リスクを説明し、対策している企業を選ぶことが大切です。
広告やWebサイトで、営業の方がきちんと説明している企業を選びましょう

ココが不安!

悪質な営業からしつこい勧誘が続いたら?
「正当な理由なく、当該契約を締結するかどうかを判断するために必要な時間を与えることを拒むこと」や「電話により長時間の勧誘その他の私生活または業務の平穏を害するような方法で困惑させること」は宅地建物取引業法施行規制禁止されています。
しつこい勧誘を受けた場合は、きちんと断ったうえで、各都道府県の宅地建物取引業担当課へ相談しましょう。

マンションオーナーの"失敗体験談"

サブリースの契約内容をきちんと確認しなくて失敗。

サブリース付きの区分マンションを購入しました。しかしとある日、いきなり家賃の振込が遅れてきました。しかも名義が違う方からの振込でした。不安になりあわてて販売会社に連絡をしたところ勝手にサブリース契約が解除されていました。営業マンにサブリースが付いているのでご安心くださいと言われ購入したのですが話が違う!!と思い確認しましたところ、サブリースの契約内容が自動的に解除される内容が記載されていました。
ビックリした私は、慌てて抗議をしましたが販売会社は契約内容通りとの一点張りでそれ以上私が何を言っても受け付けてくれませんでした。幸い今は入居者がいますが今後の事を考えると不安でいっぱいです。

利回りがいい中古のアパートを購入し、その後の管理に苦労しました。
中古アパートを購入しましたが、家賃が安いので、やはり入居者も質の悪い入居者が多く、とても悩んでいます。夫婦喧嘩など夜の騒音やゴミ捨てのマナーの悪さもひどく、中にはペット不可なのにペットを飼っていた入居者がいて退去の時は40万円もリフォーム代がかかりました。
そんなひどい入居者を見て、やはり安い中古物件には何かしら売却される理由があるのだと悟りました。

その他の失敗体験談を見る >>

物件・設備確認

マンション投資のパートナー企業から候補の物件を紹介してもらいます。
物件の立地条件や間取り、設備などを見て検討し、購入する物件を決めましょう。

ココが大事!

購入する物件は、東京周辺など住宅需要が高いエリアがおすすめ。全国で年々人口の減少がみられるものの、東京に限っては人口が増えています。
若い人の流入も多いため、特に新しくてきれいなワンルームマンションが人気の物件です。
そこに住みたい人がいるのかどうかは非常に重要な指標。

ココが不安!

高利回りな物件には要注意!
マンション投資はギャンブルではありません。リスクは回避し、堅実に資産を形成するものです。
マンション投資をはじめ、不動産投資で失敗するのは、投資物件に原因があるのではなく、パートナーである不動産会社に問題があることも多いのです。
なかには、安く仕入れ売れば儲かる中古物件や長期間売れ残っている物件など、自社の目先の利益になるような物件を販売時だけ高利回りし、長期の空室保証はなく、売った後のアフターフォローがない不動産会社もあるので注意が必要です。
失敗しないためには、収入・年齢・貯蓄額・希望などをしっかりとヒアリングしてくれる良いパートナー企業を選ぶことが重要です。

収支計画

マンション投資による収支計画を立てます。

ココが大事!

マンション投資は、多額の金額の契約をすることになりますので、事前にシミュレーションすることが大切です。
自己資金とローンの割合をどのようにするのかを決定し、税金や利回り、将来性を加味し、収益性を算出しましょう。

個別相談会で収支計画をシミュレーション

その他購入手続き

宅地建物取引士より重要事項をご説明し、売買契約の締結を行います。
ご契約のための様々な書類の準備を行いますので、身分証明書(運転免許証、健康保険証など)、手付金、印鑑、前年の収入証明、印紙代などが必要となります。

資金計画

諸経費の計算をし、計画を立てます。
ローンを利用する場合は金融機関へローン申し込み・審査となります。

ココが不安!

サラリーマンや公務員でも、融資を受けられる?
マンション投資は、投資物件自体に担保価値があるため、融資は受けやすくなっています。
なかでも、安定した収入のあるサラリーマンや公務員は融資を受けやすいといえます。また、自己資金0円でマンション投資を始めたサラリーマンや公務員、OLさんも少なくありません

個人相談会・セミナーへのご参加、資料請求はこちらから

  • 無料個別相談会
  • 無料セミナー
  • 資料請求

マンション投資の流れ STEP1:マンションオーナーになるまで